違法ではない安全性の高いサイトには特徴がある!

オンラインカジノには正直興味ある。でも逮捕されちゃうんでしょ…?そう思っている方、実はオンライン カジノ 違法ではないんです。でも注意しないといけないのがライセンスを所有しているかどうかが何よりも大切。

オンラインカジノは日本の公共ギャンブルより圧倒的に勝ちやすいのが魅力です。それに時間や場所を限定することなく、遊べるのも魅力の一つ。でもオンラインカジノはたくさんあります。その中でどれが良いかというのは正直初心者だと中々難しい。そこでこの記事では違法ではないオンラインカジノも紹介しているので是非、最後まで読んでくださいね。

トップボーナス
まで
5000¥
まで
91000¥
まで
$1000

安全+人気のオンラインカジノTOP5!

99/100
評価
クレジットカード
Curacao
200% まで
5000¥
Bons カジノ ボーナス
200% まで 5000¥
Bons レビュー
***** プロバイダーに行く
ハイライト
  • ゲーム数が多い
  • ライブカジノが豊富
  • 様々なトーナメントがある
99/100
評価
クレジットカード
MGA - Malta Gaming Authority
100% まで
250000¥
+ 200 フリースピン
Conquestador カジノ ボーナス
100% まで 250000¥
Conquestador レビュー
***** プロバイダーに行く
ハイライト
  • リアルな雰囲気でプレイ
  • 多くのソフトウェア
  • ボーナスが豊富
98/100
評価
EcoPayz
Curacao
100% まで
91000¥
Wazamba カジノ ボーナス
100% まで 91000¥
Wazamba レビュー
***** プロバイダーに行く
ハイライト
  • ゲーム数が圧倒的
  • ライブカジノが多め
  • プロバイダーの数も多い
98/100
評価
クレジットカード
Curacao
100% まで
77777¥
+ 100 フリースピン
Kakekkorinrin カジノ ボーナス
100% まで 77777¥
Kakekkorinrin レビュー
***** プロバイダーに行く
ハイライト
  • 約700種類のカジノライブゲーム
  • カスタマーサービスが丁寧で迅速
  • 営業期間が長い(2003年から)
98/100
評価
Bitcoin
Curacao
200% まで
$1000
Stake カジノ ボーナス
200% まで $1000
Stake レビュー
***** プロバイダーに行く
ハイライト
  • スロットのゲーム数が多い
  • 限定ゲームがある
  • 新作ゲームが豊富

オンライン カジノ 違法?合法?

オンライン カジノ 違法ではない3つの理由

ギャンブルの中でも比較的新しい分野であるネット ギャンブルの一つオンラインカジノ。そんなオンラインカジノはまだまだ認知不足ということもあり、オンラインカジノ 日本では様々な誤解や偏見があります。実際オンラインカジノで遊ぶことは違法ではありません。ではどうしてオンラインカジノが違法ではないのか、3つの理由があるので紹介していきます。

インターネットカジノとは異なる

おそらく多くの方が勘違いをしているのが、オンラインカジノ=インターネットカジノということでしょう。インターネットカジノは略してインカジはインターネットカフェなどのような個室になっています。店内で遊び換金ができるというのが特徴です。

ではどの点がオンライン カジノ が 違法となる点なのか、というと換金を行っているという点です。換金が可能なところが賭博開帳図利罪となってしまっています。気を付けないといけないのが、賭博開帳図利罪は主催者だけではなく、インカジで遊んだ方も逮捕されてしまうということです。

民法に記載がない

日本の賭博に関する法律は以下の4つです。

① 刑法185条単純賭博罪  50万以下の罰金または科料

② 刑法第186条第1項常習賭博罪  3年以下の懲役

③ 刑法第186条第2項賭博開帳図利罪 3年以上5年以下の懲役

④ 組織犯罪処罰法      5年以下の懲役

オンライン カジノ は法律がない?!

先ほどからオンライン カジノ 違法ではないと言っていますが正確に言うと、オンラインカジノ 合法か違法かというよりは、オンラインカジノに関する法律がないということです。

「いやいや。賭博に関する法律があるじゃないか」と思う方がいるでしょう。

しかし①から④の法律はすべて明治40年に制定されたもので、現代のオンラインカジノに適合しているかというと、適合しているとはいえないでしょう。新しい産業や文化が発展し広まれば、それに対応する法律を作らないといけません。そんなわけで現行法ではネット カジノ(オンラインカジノサイト)はオンラインカジノ 合法とも違法ともいえない、グレーな状態なのです。

当時の総理大臣の答弁

このオンライン カジノ に関する『法律がない』という状態について、令和二年二月十四日に前衆議院議員丸山穂高氏が、オンラインカジノの法制化について国会にて進言をしています。そして当時総理大臣だった安倍晋三議員は現段階で、賭博罪等の規定を改正することは検討していないと返答しました。オンラインカジノユーザーとしては少々ガッカリした答弁ではないでしょうか。明治40年に制定された法律を現在のオンラインカジノに照らし合わせるというのは、かなり時代錯誤といえます。今こそオンライン カジノ の 法律制定が必要かと思われます。

ライセンスを取得している

オンラインカジノを経営する場合、必ずライセンスというものが必要です。ライセンスは各国の政府が公式に発行しています。ライセンスを取得しているオンラインカジノはイカサマや詐欺などをしていないという証明になるので、オンラインカジノで遊ぶ際は必ずライセンスの有無を確認しましょう。ライセンスを所有していないサイトはオンライン カジノ 違法となってしまうので注意が必要です。

ライセンスは様々な国が発行していて、一般的にヨーロッパの国々が発行しているライセンスが信頼性が高いとされています。例えばオランダのキュラソー。マルタ共和国発行のマルタライセンス。ジブラルタル自治政府が発行しているジブラルタルなどのライセンスを取得しているオンラインカジノが安心です。

オンライン カジノ 違法ではないサイトでプレイする3つのメリット

せっかくオンラインカジノで遊ぶのだから、公営ギャンブルにはないメリットってあるの?

と思うはず。もちろんあります! というか、日本では競馬、競輪、宝くじ。そして公営ギャンブルとは少し違いますがパチンコやパチスロとたくさんのギャンブルがあります。

個人の好みもありますが、きっとこの項を読んだら、オンラインカジノの魅力がわかるはずですよ。

還元率が高い

ギャンブルをするなら勝ちたい! 誰しもが思っているはずです。ギャンブルに勝つ際に必要なことは知識や経験も必要ですが、還元率に注目をするようにしましょう。

還元率とはプレイヤーが賭けた金額に対しカジノ運営側が支払う金額です。例えば1万円賭けたときに9,000円分戻ってきた際の還元率は90%となります。以上のことを考慮して、日本で遊ぶことができるギャンブルの還元率をみてみましょう。

・パチンコ、パチスロ 約80%

・競馬、競輪     約70%

・ボートレース、オートレース 約75%

・宝くじ       約50%

・Toto        約40%

・オンラインカジノ  約97%

オンラインカジノがずば抜けて高いことがわかりますよね。もちろん、97%よりも低いゲームもあれば、高いゲームもあります。それよりも、日本人が大好きな宝くじの還元率の低さにびっくりした方もいるのではないでしょうか。加えて、公共のギャンブルは総じて還元率の低さが目立ちます。

いつでもどこでもプレイすることができる

オンラインカジノ 日本のギャンブルよりも勝ちやすいというのが分かったはずです。そして次に大きなメリットが、いつでもどこでも好きなところで24時間365日遊ぶことができるということでしょう。パチンコやパチスロは直に店に行く必要があります。また、競馬や競輪はインターネット上で購入できますが、24時間365日、常に購入できるというわけではありません。

スマホさえあれば家はもちろん通勤通学の電車やバス。学校や職場でのちょっとした休憩時間の間にプレイが可能です。やはり自分が好きな時間、好きな場所で遊べるのが一番ですよね。

様々なボーナスがある

オンラインカジノにあり公営ギャンブルにはないもの、それがボーナスです。オンラインカジノで遊ぶ際、どのようなボーナスがあるのかを確認するのはオンラインカジノ玄人なら当然といっていいでしょう。オンラインカジノのボーナスには様々なものがあります。

例えば登録をするだけでボーナスが貰える入金不要ボーナス。オンラインカジノに入金をすることで入金した額の○○%のボーナスが貰える入金ボーナス。そして、1スピンまたは1ゲームあたりのベット額の数パーセントがボーナスとして貰えるリベートボーナスなどがあります。どのようなボーナスが自分に使いやすいかを考えるのも、オンラインカジノのメリットの一つといえるでしょう。

オンラインカジノで使う軍資金の貯め方

「ボーナスがあるのは分かった。でも軍資金がねえんだよ!」そんな方もきっと多いでしょう。オンラインカジノは数千円から入金し、入金ボーナスも貰えます。ですが、やはりギャンブルである以上軍資金は多ければ多いほど勝ちに繋がるのは確実です。そんな方にピッタリの軍資金を得られる方法を教えちゃいます。

もちろん違法性はないばかりか、家で寝転がりながらできるものばかりなので、暇つぶしがてらにお金を稼ぐことも可能です。その方法というのがゲーム内で稼いだお金を、現実の

お金に換金ができるゲームをするということです。先ほども言いましたが、全く違法ではないので、安心してください。

ドラゴンクエストのようなRPGから今話題のポイ活まで様々あります。日本で現金化できるゲームを知りたい方はこちらのサイトもご確認ください。

オンカジ テーブルゲーム・トランプ

オンライン カジノ 違法ではないおすすめのオンラインカジノ6選

オンライン カジノ 違法ではないサイトと一言で言っても、何百何千とあります。そんな中で、自分にとってベストなオンラインカジノを探すというのは、ほぼ不可能です。特にオンラインカジノ初心者にはどのオンラインカジノが自分にとって良いのか迷ってしまうことでしょう。そんなわけでこの項では、オンライン カジノ 違法ではない初心者から上級者までが楽しめるオンラインカジノ おすすめを6つ紹介していきますね。

ジャックポットシティカジノ

ジャックポットシティといったら、オンラインカジノ ボーナスでもトップクラスの入金ボーナスがあることが最大のポイント。その額なんと最大160,000円!そしてライセンスにマルタライセンス。最新のSSL暗号技術を使用しているため、個人情報の漏洩の心配はありません。安心で安全、オンライン カジノ 違法を心配することなくオンラインカジノを楽しみたい。そんな方におすすめのオンラインカジノがジャックポットシティカジノです。

88/100
評価
JackpotCity Casino ハイライト
  • 高額ボーナス
  • ジャックポット搭載のスロットが多数
  • 出金上限なし
JackpotCity Casinoに行く

ベラジョンカジノ

現在日本で最もオンライン カジノ 違法ではないオンラインカジノとして有名なのが、ベラジョンカジノです。オンラインカジノ初心者はまずここに登録をするとよいでしょう。入金不要ボーナスとして10ドル貰えるだけではなく、登録後3回目まで入金ボーナスがあります。

ベラジョンカジノ 違法ではないか、との噂もありますが、真っ赤な嘘です。キュラソーのライセンスを取得をしているので、ベラジョンカジノ 違法ということはありえません。ベラジョンカジノは日本人が好きなパチスロ系スロットも数多く揃っているので、初心者でも遊びやすいオンラインカジノです。

96/100
評価
Vera&John ハイライト
  • 登録ボーナス+高額入金ボーナスあり
  • ゲームが多種多様
  • 日本語サポートが優秀
Vera&Johnに行く

インターカジノ

インターカジノはベラジョンカジノと同じ会社が経営しているサイトです。ベラジョンカジノと同様に入金不要ボーナスが10ドル貰えます。ベラジョンカジノと同様の会社が経営していることもあり、インター カジノ 違法という噂があります。ベラジョンカジノと同じくキュラソーのライセンスを取得しているオンラインカジノなので、インター カジノ 違法ということはありません。ベラジョンカジノと違うポイントは、新規登録で総額$500のキャッシュバックがあるということでしょう。なので、どちらに登録をするか迷った方は、両方に登録をしておくのがベスト。

89/100
評価
InterCasino ハイライト
  • ボーナスの種類が豊富
  • 毎月新しいゲームがリリース
  • 出金対応が遅い
InterCasinoに行く

レオベガスカジノ

イギリスやイタリアなどの複数のライセンスだけではなく、マルタライセンスを取得をしているのがレオベガスカジノです。安全性や信頼性を考慮するのならば、日本語で遊ぶことができるオンラインカジノ 比較をしてもレオベガスカジノはトップ5に入るといっていいでしょう。また登録ボーナスとして人気スロットのMoon princessも貰えますよ。

レオベガスカジノは数多くの信頼性の高いライセンスを取得しているのでオンライン カジノ 違法の可能性はありません。

95/100
評価
LeoVegas ハイライト
  • 登録するだけでボーナスが貰える
  • 無料のスロットゲームあり
  • 各種カジノ賞受賞
LeoVegasに行く

カジノシークレット

カジノシークレットはキャッシュバックがメインのオンラインカジノとして有名です。入金不要ボーナスや入金ボーナスなどのプロモーションはありません。ですが初回入金時に勝てなかった場合、最高$500まで現金で返金するというシステムが好評。もちろんボーナス条件というものもありません。また、銀行送金が入金、出金に利用できるのも人気の理由でしょう。

オンライン カジノ 違法ではないサイトで入金や出金に銀行送金を使用したい場合は、カジノシークレットがおすすめです。また、オンライン カジノ プロモーションがたくさんあることも人気の要因です。

93/100
評価
Casino Secret ハイライト
  • 高額キャッシュバック型ボーナス
  • 出金条件一切なし
  • 完璧な日本語サポート
Casino Secretに行く

日本でオンライン カジノ 違法で事件になってしまった3つのケース

前述したようにオンラインカジノは現行法では取り締まることができないため、いわば法律がない状態です。よってオンラインカジノ 違法ではありません。ただ、IR推進法が成立した2016年にオンラインカジノで遊んでいたユーザーが逮捕された事例が不自然に続きました。

幸いすべての事件でユーザーが起訴されることはありませんでしたが、オンラインカジノ=疑わしい。などマイナスのイメージがついてしまった、きっかけになってしまいました。この項ではオンラインカジノ 違法によってユーザーが誤認逮捕になってしまった、3つの事件がどのようなものだったのかを解説をしていきます。

プレイヤーが逮捕されたスマートライブカジノ事件

2016年3月10日、オンラインカジノスマートライブカジノで遊んでいたユーザー3人が京都府警によって逮捕された事件です。どうして起こってしまったのか、逮捕されてしまったユーザー目線と警察目線。そしてユーザーが逮捕後どうなったのか説明していきます。

ユーザー3人が逮捕された理由

逮捕された3人のユーザーは海外のサイトだから逮捕されることはないだろうと。思っていたようです。ですがおそらくスマートライブカジノで遊んでいた日本人というのは3人以外にもいたはず。ならどうして、3人だけが逮捕されてしまったのでしょうか。その理由が3人は自分のSNSやブログでゲームのプレイ画像を公開していたことが逮捕に繋がってしまいました。

京都府警が逮捕に乗り出したわけ

京都府警が3人を逮捕した理由は、一つ目が前述したSNSやブログにてゲームをプレイしている画像を公開していたこと。そして、警察側はスマートライブカジノが日本国内で営業されていることからオンライン カジノ 違法だと断定しました。警察側がスマートライブカジノを日本国内で営業していると断定したのには3つの理由があったからです。

① 日本人のディーラーを起用していた。

② チャットでディーラーと日本語を使用して会話をすることができた。

③ ライブカジノが日本時間の夕方から深夜の営業だった。

以上3つの理由から3人を逮捕しました。

しかしスマートライブカジノは日本で営業していたのではなく、ロンドンの企業が営業をしていたことが判明。さらにスマートライブカジノはイギリスとマルタのライセンスを取得をしていたので、オンライン カジノ の 法律違反には当たらないことが発覚し、不起訴 と な ったわけです。

3人のユーザーが逮捕された後

スマートライブカジノがオンライン カジノ 違法ではないことが分かったので、検察は3人に略式起訴を提案します。略式起訴を受け入れた2人は罰金10~20万円を支払い、残りの1人は裁判で争いました。結果、オンライン カジノ 違法ではないことが証明され無罪を勝ち取ります。しかし残念なことに事件後スマートライブカジノの運営元は事件をきっかけに倒産してしまいました。

賭博罪で運営者が逮捕されたNetBaQ事件

2016年2月15日、NetBaQを運営していた2人の男性が千葉県警によって逮捕されました。スマートライブカジノ事件とは違い、運営者が逮捕された事件です。運営者が逮捕されてしまった理由と運営者が逮捕されてしまった後を紹介していきます。

運営者が逮捕された理由

当初NetBaQを運営を運営した男性2人が逮捕されたきっかけは、オンライン バカラ 違法などの行為をしていたからではありません。偽物のコインを販売したという犯罪収益移転防止法違反の容疑でした。その後、警察は押収されたPCからオンライン バカラ 違法などの賭博をさせたのではないかと推測し、オンライン カジノ 違法行為として賭博罪での嫌疑をかけました。しかし逮捕された2人はあくまでも決済サービスだということで容疑を否認しました。

運営者が逮捕された後

警察はシステムを24時間監視していたという3人の男を含めた合計6人の組織的犯行とみて調査。同時に押収した資料からNetBaQを利用したユーザーを任意で調べています。

運営者が海外で営業していると偽ったドリームカジノ事件

2016年6月、京都府警が常習賭博容疑で会社役員たちが逮捕された事件が、ドリームカジノ事件です。ドリームカジノ事件は、スマートライブカジノやNetBanQのように警察が誤認逮捕してしまったというわけではありません。オンライン カジノ 違法として運営者側が逮捕されました。ドリームカジノの運営者がどうして逮捕されてしまったのかを説明していきます。

ドリームカジノ運営者が逮捕された理由

逮捕 者 が 出たドリームカジノはキュラソーのライセンスを取得し、オンライン カジノ 違法とは全く問題がないようにみえました。サーバーはイギリスでしたが、サイト制作やユーザーサポートが日本国内で行われていたことが判明しました。京都府警がオンライン カジノ 違法だということに目をつけたのが、ドリームカジノのユーザーサポートが日本語のみだったことでした。

日本人男性がオンラインカジノで勝利して喜ぶ

オンライン カジノ 違法なサイトを見抜く3つのポイント

「オンラインカジノで遊びたい。でもオンライン カジノ 違法サイトで遊んで逮捕されるのは…」と3つの事件を読んでオンラインカジノで遊ぶのをためらってしまうという方もいるでしょう。しかし心配無用です。なぜならば何回も言っているようにライセンスを取得しているオンラインカジノで遊ぶことはオンライン カジノ 違法ではないからです。

とは言っても、違法サイトと違法ではないサイトの見抜き方というのを、知りたいという方が多いでしょう。この項ではオンライン カジノ 違法のサイトを見抜く3つのポイントを紹介していきますね。

SSL暗号化技術を導入しているか

SSL暗号技術とはインターネット上で個人情報の送受信をする際、暗号化することで外部からの盗聴やなりすまし、第三者からのデータの悪用を防ぐ技術のことをいいます。SSL暗号技術を使っているかどうかを確認するのは非常に簡単。アドレスバーに鍵のマークがついているからです。

もしSSL暗号化技術を導入していないサイトの場合『!』がアドレスバーの先頭にあるので、一目で分かるはずです。鍵マークをクリックするとそのオンラインカジノがしっかりと保護をされているかがわかるので、一度確認をしてみるのもよいでしょう。

ライセンスの確認

これは言わずもがなですね。オンラインカジノで登録しようと思ったら、最初にしないといけないことがライセンスの確認です。ライセンスの確認をすることで、オンラインカジノ 逮捕という最悪の自体を防ぐことができます。

多くのオンラインカジノはサイトの下のほうに、取得しているライセンスを掲示してありますよ。ライセンスのロゴをクリックすると、証明書をみることができるはずです。SSL暗号化技術と同様に一度見てみるのもよいでしょう。

仮に、サイトにライセンスのロゴが見当たらなかった際は、サポートセンターにて問合せてみてください。必ず証明書を見せてくれるはずです。また、前述したレオベガスカジノやエンパイアカジノのようにライセンスを複数取得しているサイトなら、なお良しです。

第三者機関のチェックがあるかどうか

第三者機関とはオンラインカジノが、いかさまをしないでゲームの公平性やペイアウト率などを守って運営をしているかをチェックする機関です。多くのオンラインカジノが第三者機関のチェックを受けています。ですがcCOGRAやTSTといった世界的に有名な第三者機関のチェックのあるサイトはより安心ですよ。

違和感があったらすぐに離れる。

ライセンスも確認したし、第三者機関にも認定されている。でも…。どこか違和感がある…。そう思ったら離れるのがベスト。前述したドリームカジノ事件のようにライセンスは所有しているけど、その他は日本で運営していた。というのが、最もユーザーが引っかかりやすいポイントだからです。さきほど紹介したドリームカジノ事件では京都府警が日本語しかカスタマーサポートがないのはおかしい、という違和感から運営者が経営しているオンラインカジノ 逮捕に繋がりました。

もちろん、カスタマーサポートがいない、という具体的な違和感を感じとるのは難しいでしょう。しかし少しでも違和感があったらそのオンラインカジノは日本人にとってオンライン カジノ 違法サイトの可能性があります。そのようなサイトには近づかないようにしましょう。

99/100
評価
クレジットカード
Curacao
200% まで
5000¥
Bons カジノ ボーナス
200% まで 5000¥
Bons レビュー
***** プロバイダーに行く
ハイライト
  • ゲーム数が多い
  • ライブカジノが豊富
  • 様々なトーナメントがある
99/100
評価
クレジットカード
MGA - Malta Gaming Authority
100% まで
250000¥
+ 200 フリースピン
Conquestador カジノ ボーナス
100% まで 250000¥
Conquestador レビュー
***** プロバイダーに行く
ハイライト
  • リアルな雰囲気でプレイ
  • 多くのソフトウェア
  • ボーナスが豊富
98/100
評価
EcoPayz
Curacao
100% まで
91000¥
Wazamba カジノ ボーナス
100% まで 91000¥
Wazamba レビュー
***** プロバイダーに行く
ハイライト
  • ゲーム数が圧倒的
  • ライブカジノが多め
  • プロバイダーの数も多い
98/100
評価
クレジットカード
Curacao
100% まで
77777¥
+ 100 フリースピン
Kakekkorinrin カジノ ボーナス
100% まで 77777¥
Kakekkorinrin レビュー
***** プロバイダーに行く
ハイライト
  • 約700種類のカジノライブゲーム
  • カスタマーサービスが丁寧で迅速
  • 営業期間が長い(2003年から)
98/100
評価
Bitcoin
Curacao
200% まで
$1000
Stake カジノ ボーナス
200% まで $1000
Stake レビュー
***** プロバイダーに行く
ハイライト
  • スロットのゲーム数が多い
  • 限定ゲームがある
  • 新作ゲームが豊富

オンライン カジノ 違法サイトで遊んでしまうと起こりうる3つのこと

先の項でオンライン カジノ 違法サイトの見抜き方というのを紹介したので、違法サイトで遊んでしまうという可能性はかなり低くなることでしょう。しかし「ちょっとだけなら大丈夫でしょ」、「少し興味があるかも」と思っている方も中にはいるのではないでしょうか。そんな方に向けてオンライン カジノ 違法サイトで遊ぶという事が、どれくらいのリスクを背負うことになるのかを解説していきます。

警察に逮捕されてしまう

警察に逮捕されてしまう、というのは言わずもがなですね。オンライン カジノ 違法サイトで遊んでしまうことは違法行為なのですから。前述した3つの事件ではプレイヤーは起訴されていません。それはドリームカジノは別ですが、残り2つの事件ではライセンスを取得しているサイトだったからです。

ライセンスのないオンライン カジノ を利用するとマズイ!

しかし、ライセンスを取得していないオンラインカジノで遊んでしまうことは刑法185条の単純賭博罪に適用してしまいます。単純賭博罪は『50万円以下の罰金または科料』となっています。また、常習賭博罪になってしまった場合は『3年以下の懲役』と罰金では済みません。興味本位での火遊びは自分と周りの人たちを不幸にするということを、頭の片隅にいれておいてください。

反社会的組織との関わりできてしまう

ライセンスを取得していない、怪しげな オンライン カジノ 違法サイトは、反社会的勢力の可能性が非常に高いです。仮に表向き反社会的組織とのつながりがなかったとしても、どこかしらで繋がっているでしょう。そのため自分の個人情報は反社会的組織に伝わっているはずです。違法サイトの運営者が警察に捕まった際、顧客情報から芋づる式に、オンラインカジノ 逮捕されてしまうという可能性もあります。

しかしそれ以上に、自分の個人情報をたてに脅迫されてしまう可能性も否定できません。ライセンスを取得していないサイトで遊ぶということは、反社会的な組織との関係を自ら作りに行くというものなので、絶対に止めましょう。

不正をされている可能性が高い

ライセンスもなく第三者機関の認定を受けていない違法サイトは、高確率で不正をしているでしょう。チェックされる必要がないのですからサイト運営側はやりたい放題です。例えば還元率の改ざんです。正式なライセンスをもっている会社が作ったゲームには予め還元率というものが決まっています。ブラックジャックのようにユーザーの知識や技術の有無で上下するゲームもありますが、基本的には還元率通りになるように設定されています。

短期的に見れば還元率は大きく上下します。しかし不正をしている場合どちらか一方に大きく偏ることが多いでしょう。一つのパターンとして有名なのが最初は客には勝たせ、最終的に客が大負けをするパターンです。正直、違法サイトで客が勝てる可能性は紙のように薄いです。さらに警察に逮捕されるリスク。自分の個人情報が危険にさらされるといったデメリット。それでも違法サイトで遊びますか?

 オンライン カジノ 違法についてのQ&A

🌟スロットで勝てない。オンライン カジノ 違法じゃないの?

違法ではありません。もしオンラインカジノで勝ちたいと思っているのならライブカジノはいかがでしょうか。ライブカジノでは還元率が99%と高いブラックジャックやバカラがありますよ。またこちらの勝てる ギャンブル ランキングも参考にしてみてください。

🏀オンライン カジノ 違法ではないサイトでボーナスがたくさんあるサイトは?

先ほど紹介した、ジャックポットシティカジノやベラジョンカジノなどがありますが、その他にもボーナスを大量にくれることで知られているサイトについてはオンラインカジノ ボーナス 比較で確認してみてくださいね。

🎯オンライン カジノ 違法をしていないサイトで出金スピードの早いサイトはどこ?

先ほど紹介したサイトの中でも最もオンラインカジノ 出金スピードの早いサイトはやはりエンパイアカジノでしょう。銀行送金を使用する場合は1営業日ですが、それ以外の電子決済を使用した場合は4時間以内という早さ。もちろん手数料も無料ですよ。次がベラジョンカジノですね。出金申請後24時間以内に出金処理を行うとのことなので、早い方といってよいでしょう。

結論

現段階でオンラインカジノに関しての法律がないという状態です。なので、オンラインカジノで遊んだからといって、オンラインカジノ 逮捕されてしまうということはありません。大切なことは、自分が遊ぼうと思っているオンラインカジノがライセンスをしっかりと取得しているのかを確認することが大切です。さらにSSL暗号技術を導入しているかどうかもチェックしましょう。

オンラインカジノで遊ぶこと自体はオンライン カジノ 違法ではありません。しかし重要なことは、どのようなオンラインカジノで遊ぶかというユーザーの見極めが非常に大切だということです。

Bons
99/100
Bons レビュー
200% まで 5000¥
プロバイダーに行く
Conquestador
99/100
Conquestador レビュー
100% まで 250000¥
プロバイダーに行く
Wazamba
98/100
Wazamba レビュー
100% まで 91000¥
プロバイダーに行く
上位オンラインカジノ
上位カジノボーナス
トップへ移動
閉じる
×
ボーナスコード:
ボーナスオファーは既に別ウインドウに表示されています。もし表示されていない場合は下記のリンクをクリックしてください。
ゲームプロバイダーに行く